未経験からiOSエンジニアを目指すiOSアカデミアの評判は悪いのか!?

iOSアカデミアの評判

本記事では

ゆう

iOSエンジニアって何⁉︎
iOSアカデミアはどんなプログラミングスクール⁉︎評判は⁉︎

と思っている方に向けた記事となります。




iOSアカデミアとは

iOSアカデミアは、iOS上で動くアプリケーションの開発を行う、日本初のiOSエンジニア専門のオンラインスクールです。

未経験からITエンジニアを目指す場合、ほとんどのプログラミングスクールではWEBエンジニアとなっています。

WEBエンジニアを目指すスクールが多い中で、iOSアカデミアはiOSエンジニアを目指す数少ないスクールとなります。

※iOS……Apple製品であるiPadやiPhoneに搭載されているOS

無料個別相談を申し込む




スマートフォン市場

2022年5月の日本のモバイルシェア

日本のスマートフォン市場ではiPhoneが62.77%、Androidが37.23%となっています。




2022年5月の世界のモバイルシェア

世界全体でのスマートフォン市場を見ると、日本とは正反対でiPhoneが27.79%、Androidが72.21%となっています。




調査資料から見るiOSエンジニアの需要

上記のStatCounter調べの資料を見る通り、日本での市場の約6割をiPhoneが占めています。このことからも日本でのiOSエンジニアの需要が高いことがわかるでしょう。

ゆう

日本と世界のシェアの割合は正反対。
日本でのiPhoneのシェアは約6割と高いから、iOSエンジニアの需要も高いぞ。




iOSアカデミアの各プラン

プラン名受講期間プランの特徴費用
教材学習プラン無期限独自教材の閲覧のみ¥99800
個人アプリ開発プラン12週間アプリ開発までを経験¥249800
iOSエンジニア転職プラン16週間就職・転職サポートあり¥399800
フリーランス独立プラン20週間フリーランス独立支援あり¥799800

プランの詳細をもっと知る




受講前に準備するもの

  • Mac PC
  • iPhone
  • Xcode
  • Apple Developer Programのアカウント

Mac PC

iOSアプリの開発では、Macに導入されている「MacOS」のシステム上でしか開発していくことができません。そのため、「Mac PC」が受講には必要となります。

iPhone

アプリの検証時に必要となります。開発は「Xcode」、検証は「iPhone」を使います。

Xcode

Apple社が提供する開発ツールです。エディターやコンパイラ、AppStoreへの公開申請時のアーカイブ機能などを持ちます。

Apple Developer Programのアカウント

App Storeへアプリ申請、公開、管理をするためにはアカウントが必要となります。受講後も個人開発を引き続き行いたい場合は、年会費として99ドル必要となります。


ゆう

自分のスマホはAndroid端末……
もし、自分がiOSエンジニアを目指す場合は検証用のiPhoneも購入しておく必要があります。




iOSアカデミアのメリット

メリットとデメリット
  • 学習プランが4種類と多い
  • チャットサポートがある
  • 転職用ポートフォリオを作れる
  • 全額返金保証がある

学習プランが4種類と多い

プランが多いので、自分の考えている進路に沿って選択をすることが可能です。

独学で学習をしたい方は教材学習プラン、個人でのアプリ開発の経験をしたい人は個人アプリ開発コース、iOSエンジニアとして転職をしたい方はiOSエンジニア転職コース、フリーランスでの独立を目指したい方はフリーランス独立プランと多数の選択肢があります。




チャットサポートがある

Slackによる無制限のチャットサポート(原則48時間以内での回答)があります。チャットサポート期間は各プランの受講期間になります。教材学習プランのみチャットサポートは付いていません。




転職用ポートフォリオを作れる

教材学習プラン以外では、作成したオリジナルアプリをAppStoreへ公開します。作成したオリジナルアプリは、そのまま自分自身の転職の際のポートフォリオとして利用することが可能です。




全額返金保証がある

全プランには、お試し期間(受講開始後14日以内)で解約される場合に受講料を全額返金する制度があります。

もし、自分自身にiOSエンジニアは合わなかったり、継続して続けることが難しそうと感じた時は止めることが可能です。

ゆう

14日間の受講のお試しが出来て、iOSエンジニアへの適性の確認ができるなんて不安要素の払拭ができますね。

無料個別相談を申し込む




iOSアカデミアのデメリット

  • 受講に必要なものを揃える費用が高い
  • iOSアカデミアのオプションサービスは高め

受講に必要なものを揃える費用が高い

持っていない方は受講前にMacとiPhoneを準備をしておく必要があります。プログラミングや、本番と同じ環境でシステムテストをする際などに使います。


MacBookの公式サイトでの価格

公式サイト(2022/5/10 時点)で一番安いMacBook Airを購入する場合であっても、最低115280円(税込)の費用が発生します。


iPhoneの公式サイトでの価格

公式サイト(2022/5/10 時点)でiPhoneを購入する場合は、iPhoneSEの57800円(税込)が最低価格となります。


受講前の準備に必要な費用

公式サイト(2022/5/10 時点)で端末を購入する場合は、最低でもMacBook Airの115280円とiPhoneSEの57800円の合計173080円の出費となります。


その他の購入方法

その他の購入方法の代表格としては、Amazonの整備済み品ではないでしょうか。

整備済み品は、商品の不具合などで返品されたものや店舗の展示品をメンテナンスして、その後再販しているものになります。整備済み品の価格は、新品での価格より安く購入することが可能です。

ただし、整備済み品は人気があり、いつでもある訳ではないので好みの端末を購入することは難しいです。

ゆう

MacPCとiPhoneの両方を持っていない場合、20万近くの費用がかかります。

受講料とは別に大きな出費となるので人によっては負担が大きそう。




iOSアカデミアのオプションサービスは高め

チャットサービスとビデオメンタリングのオプションが用意されています。
オプションを頼む場合、チャットサービスは1ヶ月2.5万円ビデオメンタリングは1回1.2万の追加費用が発生します。

オプションサービスの追加は無理に行う必要はありません。

ビデオメンタリングとチャットサポートでのアフターフォローは、個人アプリ開発プラン、iOSエンジニア、フリーランス独立プランに含めれています。

必要に応じて、オプションサービスの追加を検討しましょう。

ゆう

オプションサービスの価格は高めです。でも、必要に応じて追加するサービスとなるので、無理にオプションを追加する必要はありません。




まとめ

  • iOSアカデミアは日本初のiOSエンジニア専門のプログラミングスクール
  • 世界全体のiPhoneシェアは約30%、日本国内のシェアは約60%
  • 日本でのiOSエンジニアの需要は高い
  • 受講費は約10万円〜80万(プランにより異なる)
  • お試し期間中に解約することで全額返金される制度がある
  • iPhoneやMacPCなど準備するものが必要
ゆう

本記事ではiOSアカデミアについて紹介しました。
iOSアカデミアは、iOSエンジニアになって転職をしたい方におすすめのスクールです。

興味を持った方は、ぜひ無料個別相談に参加をしましょう。

無料個別相談を申し込む


本記事に興味を持って頂けた方には以下の記事もおすすめです。
ぜひご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ゆう
フリーランスのWEBコーダー | 28歳 | システムエンジニア → コールセンター → 飲食業を経て、オンラインスクールのデイトラを切っ掛けにフリーランスになる | WEB制作とWEBマーケティングをメインに活動 | ご質問などがありましたらお問い合わせフォームよりいつでもご連絡ください。